ホテルチェックインに必要な英語は?簡単なフレーズでも会話はOK!【トラベル英会話基礎.4】

[レッスン内容:ホテルでの会話]

ホテルに着いて荷物を置いたら、いよいよ楽しい旅の始まり♪どこを観光して、何を食べて、ショッピングはどこにいって…などなどたくさんやりたいことがありますよね。ただ、まずは無事にチェックインを済ませることが先決。

ホテルはどの国でもピンキリでありますが、基本のやりとりは英語になります。スマートな会話で手短にチェックイン・アウトしたいですよね。

かおるこ
ホテルで交わす会話もそんなに難しいものはないから、臆することなく話せるようにしたいですよね。
chihiro
チェックインもアウトも向こうから話しかけられることが多いから聞き取るのがなかなか大変なのよね。
かおるこ
そうだね、ホテルの人は慣れているし訛りなどないきちんとした英語を話すけれど、やはり聞き慣れていないとスピードも早く聞き取りにくいって感じるよね。

でもどんなことを聞かれるのかだいたいわかっていれば、単語を聞き取ってちゃんと会話できるよ!

チェックイン

まずはチェックインの時に必要な会話を学んでいきましょう。

チェックインしたいのですが

I’d like to check in.

I’d likeはI would like の省略形です。〜したいということを伝えます。家族や夫婦、友人などと複数人数でチェックインする場合はWeに主語を変えましょう。

chihiro
チェックイン て動詞として使えるんだ。
かおるこ
うんうん。check out も同じように言うよ。
バウチャー(予約確認の書類)を持っていれば、フロントに提示します。

I’d like 〜は、何か欲しい時にも使えるのでぜひ覚えておきましょう。

I’d like to toilet paper.(トイレットペーパーが欲しいのですが。)

I’d like to towel.(タオルが欲しいです。)

かおるこ
簡単に欲しいものを言えるので便利だよね。
チェックインの時間よりもフライトの関係などでホテルに早く着く時があります。そのような時はこんな風に聞いてみましょう。

Can I check in now?(今、チェックインできますか?)

ホテルによっては、多少早くても準備ができていれば受け入れてくれます。

かおるこ
あまり早すぎると、部屋の掃除が終わっていなかったりして、ダメな場合があります。そんな時は、「The check in time is 3:00PM.」などと言われるのでその頃まで待つ必要があります。

荷物を預かってください

チェックインできなくても、荷物を預かってくれるので、預けて食事や近辺を散策することができます。そんな時はこう尋ねてみましょう。

Could you keep my luggage ?(荷物を預かっていただけますか?)

預けると言う言葉はKeepやHoldなどを使います。また、Iを主語にする言い方だと、

Could I leave my luggage?(荷物を置いていってもいいですか?)

となります。

記帳する

チェックインしたいと言うと、

Do you have a reservation?(予約はありますか?)

とか

Can I have your name please?(お名前を伺えますか?)

などと聞かれます。予約があれば、Yes. 名前を聞かれたら名前を伝えましょう。

My name is Ito.I-T-O.

かおるこ
日本人の名前は聞き取りづらかったりするので、スペルを一つずつ伝えるとスムーズです。
chihiro
マイネイム イズ チヒロ。C-H-I-H-I-R-Oこんな感じ?
かおるこ
バッチリ〜。
宿泊カードへの記帳は、

Could you fill out the registration card (form)?(宿泊カードへの記入をお願いします。)

と言われるので、記入をしましょう。

chihiro
英語の場合は全部逆から書くのよね?いつもよくわかんなくなっちゃう。
かおるこ
そうそう。慣れないと混乱するよね。

住所は一区切りごとに逆に書いていく、と覚えておくとわかりやすいです。

〒123−4567 東京都 千代田区 丸の内 1−2−3 エイトレマンション201

これなら、

#201 1-2-3 Marunouchi Chiyoda-ku Tokyo 123-4567 Japan 

となります。マンション名は書かなくても大丈夫なので部屋番号だけ書くと簡単です。最初に#をつけてから部屋番号、そして番地、地名、市や区名、都道府県、郵便番号、日本の順です。

かおるこ
日本で使う〒のマークは海外では使わないので、数字だけを書きます。
chihiro
逆っていうから、番地も3-2-1って書くのかと思った。
かおるこ
それじゃ全然違う番地になっちゃうよ。

お支払い

インターネットで予約、決済が済んでいれば別ですが、現地で支払いをすることもあります。

How would you like to pay for the room?(お部屋のお支払いはどのようにされますか?)

のように聞かれますから、

Cash please.(現金でお願いします。)

Can I use credit card?(クレジットカードでもいいですか?)

のように答えましょう。

保証金が必要な場合

ホテルによっては、保証金を最初に支払う必要がある場合があります。これは、ホテルで何かを壊してしまったり、ルームサービスや国際電話などホテルのサービスを受けるために事前に支払うものです。

Could I have your credit card for a deposit?(保証金のためにクレジットカードをお借りできますか?)

We require a credit card number for a deposit.(保証金のためにクレジットカードの番号を控えさせていただきます。)

基本的にクレジットカードの番号を控えていて、何もなければ特に課金されることはありません。また保証金を現金で支払うこともできます。その場合は、チェックアウトの時に何もなければ戻ってきます。

かおるこ
泊まる所によってあったりないところもあったりするので、確認したければ、自分から Is there a dposit?(保証金はありますか?)と聞いてみるのもいいと思います。いずれにしてもチェックインの時にはパスポートとクレジットカードの用意をしておきましょう。

荷物を運んでください

大抵は、ポーターがいて荷物を運ぶのを手伝ってくれます。お願いしたい場合はこう言いましょう。

Could you carry my luggages to my room?(荷物を部屋まで運んでもらえますか?)

chihiro
carryは運ぶという意味です。また、自分で荷物を運ぶ場合は、ポーターが来た時に、

No Thank you,I’ll do it myself.(大丈夫です。自分で運びます。)

と言えば大丈夫。運んでもらったら、チップの習慣のある国ではちゃんとチップを渡すのを忘れずに。

チェックインは定型化された会話がほとんど。難しいことはなし!

日本のホテルにチェックインする時を思い出してみるとわかりますが、ほとんど定型化された会話なので、全て聞き取れなくても大丈夫。クレジットカードやパスポートの言葉が聞こえたら提示すればいいし、バウチャーを持っていればなお安心です。住所の記入も一つづつ後ろから書いていけばいいので、慣れてしまえば簡単です。

わからなかったり聞き取れなかった場合は、【トラベル英会話基礎.3】の中にあるような、「もう一度いってください」「よくわかりません」とちゃんと伝えればゆっくり話してくれます。一度英語でチェックインができれば自信がつきます。頑張りましょう♪

今回のまとめ

チェックインしたいのですが I’d like to check in.

今、チェックインできますか? Can I check in now?

荷物を預かってもらえますか? Could you keep my luggage ?

               Could I leave my luggage?

部屋料金の支払い 現金でお願いします。 Cash please.

                               クレジットカード使えますか? Can I use credit card?

荷物を運んでください。 Could you carry my luggages to my room?

 

宿泊カードへの住所の記入の仕方

#部屋番号 番地 地名 市町村 都道府県 日本 の順

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小学校から英語のクラスがあったにもかかわらず、30代半ばまでまるっきり英語の話せない人間でした。 外国人の人が近づいてくると緊張し、話しかけられようものならフリーズ。 海外に行ってヨガの先生と話したい、クラスを受けたい!と英語の勉強を始めました。 お金をあまりかけられなかったので、安くて挫けない程度にゆるく勉強し続けています。 今は、相手の言っていることがほぼ分かり、文法などはかなりヒドイですがひとり旅で言いたいことややりたいことはだいたい言えるようになりました。 英語は、海外生活がなくても本人のやる気次第で少しずつ身についていくんだなぁと思いながら今も勉強し続けています。