主語・動詞・目的語ってなに?英文を作る4つの要素SVOCを知ろう【中学英語基礎.1】

【レッスン内容】英文を作る要素 SVOC

私達が普段日本語を話したり書いたりする際には、文法を意識する機会はあまりありませんよね。なので、英語を勉強し始めて「主語」「動詞」などと言われてもピンとこない…という方が多いと思います。しかし、異なる言語(今回は英語)を習得する上で、文の構造を理解するのは必須。そして、文の構造を日本語で理解するためには、文法用語を覚えるのは避けられません。

今回は、文法用語を覚えつつ、英文を作る4つの要素について学んでいきましょう。

chihiro
英語の文法用語が苦手です。SVOCって聞くだけで、拒否反応が…。
popolon
4つの要素と基本5文型と呼ばれる文型を覚えれば基本的な英文は作ることが出来るので、頑張ってみましょう!

文の要素とは

文の要素とは、英文を組み立てる部品のことだとイメージしてみてください。英文は一単語毎にスペースをあけて書きますよね。それぞれの単語が部品になり、それらの部品を繋げることで文になります。

文の要素.1【主語】

主語とは、日本語にした時に「~は」「~が」にあたる語です。日本語では、主語を省略して話すことが多いですが、英語では基本的に主語が必要です。英語で主語のことを、subject(サブジェクト)といい「S」と表します

例文(赤い箇所が主語)

I like music. (私は音楽が好きです。)

She is a singer. (彼女は歌手です。)

This is a book. (これは本です。)

It is raining. (雨が降っています。)

chihiro
It is raining. を日本語に訳すと「~が」にあたるのは「雨」だから主語は「雨」じゃないんですか?
popolon
日本語訳だけ見るとそう思いますよね。これは、日本語と違って英語では主語を省略しないというところから、天気や時間、距離を表す場合には it を主語にするんです。

例えば、下記の例文の場合、日本語では主語が省略されますが、英語では省略できないので it を主語に使います。

It is 9am. (午前9時です。)

It is Sunday. (日曜日です。)

It is 10km.  (10キロメーターです。)

文の要素.2【動詞】

動詞とは、日本語にした時に「どうする」または「=(イコール)」にあたる語です。動作を表したり、状態を表します。

動詞には、一般動詞とbe動詞があります。「どうする」にあたる動詞を一般動詞、「=」にあたる動詞をbe動詞と呼びます。英語で動詞のことを、Verb(ヴァーブ)といい「V」と表します

例文(赤い箇所が動詞)

I have a pen.(私はペンを持っています。)

I like chocolate.(私はチョコレートが好きです。)

popolon
「私がどうしたのか?」と考えるとどれが動詞かわかりやすいです。「私がペンをどうしたのか?」→「持っている」

You are busy.(あなたは忙しいです。)

She is my sister. (彼女は私の妹です。)

popolon
「=」にあたる語というのは、areやisのことです。You=busy、 She= my sisterですね。

文の要素.3【目的語】

目的語とは、日本語にした時に「~を」「~に」「~が」にあたる語です。英語で目的語のことを、Object(オブジェクト)といい「O」と表します

例文(赤い箇所が目的語)

I play the guitar.(私はギターを弾きます。)

I have an apple.(私はリンゴを持っています。)

文の要素.4【補語】

補語とは、動詞を挟んで主語とイコールになる語です。主語を説明する語で、名詞か形容詞のみ補語として使うことが出来ます。英語で目的語のことを、Complement(コンプリメント)といい「C」と表します

例文(赤い箇所が補語)

She is beautiful.(彼女は美しい。)

I am a teacher.(私は教師です。)

文の要素.番外編【修飾語】

修飾語とは、上記の4つの要素に当てはまらない語のことです。飾るという字の通り、文章に説明などを加えたり、見栄え良く飾ったりする役割をします。英語で目的語のことを、Modifier(モディファイア)といい「M」と表します

例文(赤い箇所が修飾語)

She slept in the new bed.(彼女は新しいベッドで寝ました。)

I run in the park on Sunday.(私は日曜日に公園内を走ります。)

chihiro
…よくわかりません。
popolon
修飾語がなくても、文としては成り立っていますよね。例えば、「I run.」だけでも、「私は走る。」で意味が通じます。ただ、場所やいつなどの情報を付けることで、より状況がわかりやすくなります。このわかりやすくするための部分が修飾語です。

SVOCを知れば勉強がはかどる!

英語の勉強に限らず、専門的ななにかを学ぶ際には、その分野特有の専門用語を覚えることから始まります。英文を作る要素を覚えることは、英語をマスターするための第一歩です。SVOCの日本語での呼び方なんて覚える必要ないでしょう…と侮らずに、きちんと頭に入れておいてくださいね!

chihiro
まさに私がそうでした!英語の勉強なんだから、日本語での呼び方なんて…と思って覚えてなかったので、参考書を見てもなんの説明なのかチンプンカンプンでした。
popolon
この英文の要素SVOCを覚えておかないと、これから勉強していく時に毎回「Oってなんだっけ?補語って?」となり勉強が全然進まなくなってしまうので、頑張ってインプットしておきましょう!

今回のまとめ

英文を作る要素とは
・主語 S
・動詞 V
・目的語 O
・補語 C
(・修飾語)M
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です