英語の冠詞とは?使い方と種類を覚えてしっかりと使い分けよう【中学英語基礎.12】

【レッスン内容】冠詞

今回は品詞の1つ「冠詞」について学びましょう。冠詞は日本語にはないので、日本人にとっては簡単なようで実は難しい品詞です。

冠詞を学ぶ上で、重要なポイントとなるのが可算名詞と不可算名詞です。これらの違いをきちんと理解していないと正しく冠詞を使うことができないので、心配な方は先におさらいしておいてください。

▼可算名詞と不可算名詞の見分け方!数えられるかどうかは感覚が重要【中学英語基礎.5】

popolon
会話中は冠詞を意識せずにサラッと話してしまいますし、もし間違った冠詞を使っていても会話が成り立ちます。重要な品詞ではありませんが、文章にした時に間違った冠詞を使うと目立ってしまいます。冠詞なんて…と侮らずにしっかりと覚えましょう。
chihiro
私も、実はあまり意識せずに冠詞を適当に使っていました。しっかりと学びたいと思います。

冠詞とは

冠詞とは、あとに続く名詞の性質などを説明する(修飾する)語のことです。続く名詞が数えられるものかどうか、会話や文章で初めて登場したものかどうかなどを説明する役割があります。

冠詞の種類

冠詞には、不定冠詞定冠詞があります。不定冠詞は「a/an」、定冠詞は「the」です。また、冠詞をつけないことを無冠詞と呼びます。不定冠詞は、子音から始まる名詞には「a」、母音から始まる名詞には「an」を使います。

chihiro
冠詞は、「a」「an」「the」の3つ+「冠詞なし」の4パターンだけなんですね!「a/an」の使い分けのために、母音と子音について詳しく知りたいです!

英語の母音と子音とは

日本語の母音は「あ/い/う/え/お」の5音なのに対し、英語の母音は主なものが16個、さらに細かく数えると約26個(諸説あり)あります。

ただ、aかanか、どちらの冠詞を使えば良いのか判断するために、これを全て暗記するのは大変です。なので基本的には「a/i/u/e/o」で始まる単語にはanを付けると覚えておけば大丈夫です。

但し、例外ももちろんあります。例えば、「hour」は単語だけ見ればhから始まっているのでaを付けたくなりますが、発音記号を見ると「áuər」で母音から始まっているので、正しい冠詞はanになります。aかanか迷った時は、一度冠詞を付ける名詞を声に出してみましょう。そして、「あいうえお」に近い音で始まると思った時は、辞書でその単語の発音記号を調べてみてください。

popolon
普段使う単語の中で例外のものはあまり多くないので、そこまで細かく意識しなくても大丈夫です!

不定冠詞の使い方

不定冠詞のa/anは、冠詞を付ける名詞を聞き手が特定/限定できない時に使います。また、冠詞を付ける名詞が可算名詞で単数(1つ)の場合に限ります。

popolon
この場合、bookもstudentも不特定の中の1つ/1人という感覚です。
chihiro
appleとhourは母音から始まっているので、冠詞は「an」になるんですね。

定冠詞の使い方

定冠詞のtheは、冠詞を付ける名詞を聞き手が特定/限定できる時に使います。また、冠詞を付ける名詞が可算名詞か不可算名詞か、単数か複数(2つ以上)か関係なく使えます。

popolon
不定冠詞が、不特定の中の1つという感覚だったのに対し、定冠詞ではどれを指しているのか明確に特定しています。

再登場する場合

会話や文章に一度登場したものを再び登場させる時に、theを使います。

chihiro
1回目に登場する時は、どの本/ワインについて話しているか特定できないけれど、2回目は「あの本/ワインのことだな!」と特定できるという感覚なんですね。
popolon
ちなみにwineは、基本的に不可算名詞なので文に初めて登場する際には冠詞ではなくsomeを使っています。

唯一無二のもの

世の中に1つしか存在しない唯一無二のものに、theを使います。

chihiro
月や地球など1つしか存在しないものは、共通の認識として、限定できるからtheなんですね。

無冠詞の使い方

冠詞を付ける名詞が、可算名詞の複数形の時、不可算名詞の時、固有名詞の時に無冠詞になります。

可算名詞の複数形

可算名詞の複数形には冠詞を付けません。

popolon
但し、複数形の可算名詞でも会話や文章に一度登場したものを再び登場させる時には、theを付けてもOKです。

不可算名詞

不可算名詞には冠詞を付けません。

popolon
但し、これも会話や文章に一度登場したものを再び登場させる時には、theを付けることがあります。

固有名詞

冠詞を付ける名詞が固有名詞の場合、無冠詞になります。ちなみに固有名詞とは、人名/地名/映画のタイトルなどのことです。

その他の名詞

例外的に冠詞を付けない名詞があります。代表的なものを見ていきましょう。

・言語
・曜日/月
・朝昼夕食
chihiro
「言語」「曜日/月」「朝昼夕食」は会話でも文章でもよく使うから、無冠詞になるというルールをしっかりと覚えておいた方が良さそうですね。

冠詞の基礎をしっかりと覚えよう

なんとなく使っていた冠詞も、改めて確認してみるときちんとしたルールがあることに気が付いたでしょう。基礎を頭に入れておくことで、新しい単語と出会った時にも感覚でどの冠詞を選べば良いかがわかってくるので、しっかりと押さえておきましょう。

popolon
基礎英語を学ぶ上では不必要なので割愛しましたが、「山の名前は無冠詞だけど山脈には定冠詞をつける」などちょっとした例外的ルールも存在します。冠詞の世界、実は奥が深いですね!

今回のまとめ

冠詞とは
あとに続く名詞の性質などを説明する(修飾する)語のこと。
 
冠詞の種類
 
不定冠詞…冠詞を付ける名詞を聞き手が特定/限定できない時に使う。
「a」「an」の使い分け…子音から始まる名詞には「a」、母音から始まる名詞には「an」を使う。
定冠詞…冠詞を付ける名詞を聞き手が特定/限定できる時に使う。
無冠詞…冠詞を付ける名詞が可算名詞の複数形の時、不可算名詞の時、固有名詞の時に使う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です