英トレ

「英トレ」にようこそ。

「英トレ」は本当に英語を身につけたい人に対して、真摯に向き合うサイトです。

そこらの英語教材を紹介するだけのサイトとはがケタ違いであると自負しております。

なぜなら現在(18/1/12)中学英語もわからないド素人の僕(管理人です、一応)が自分の英語力をメキメキ上達させるために立ち上げたサイトだからです。

※※現在(18/1/12)の僕の英語力はこんな感じ。中学生英語が多少デキるか?ぐらい。( ;∀;)

他のサイトと決定的に違うのは、英語力をアップしようと考えてる人に使える勉強法をそのまま提供するということです。

「英トレ」では、実際に僕同様に英語力がまったくゼロのスタッフや、ガチでTOEICの900点台を勉強しているスタッフが「英トレ」の紹介するカリキュラムでガチに取り組んで、どうなるのか?ということをリアルタイムに見せています。

そういった意味では「英トレ」はガチで英語を習得するためのサイトなんです!だって僕が英語力を伸ばすためだけに作ったサイトなのだから ←ここ推してます

英語は目的と、英語力のレベルで学ぶべき段階が異なることを知ろう

あなたはなぜ英語を身につけたいんですか?

 ✔ネイティブの人とコミュニケーションを図りたい! ←僕はココ

 ✔TOEICで良い点数をとりたい!

 ✔子供が英語を習うから私も英語力を高めたい!

 ✔外国人の彼氏・彼女が欲しい  ←僕はココ

 ✔海外旅行に困らない程度のスキルを身につけたい

  ✔仕事で必要に迫られて英語を勉強しなければいけない!

目的によって、やるべき学びのプロセスが異なるんです。よく言われていることとして、TOEICで点数が800点以上の人であっても、外国人とまったく話せないというように、目的に応じて勉強方法を選ばないといけません。

また、あなたは自分の英語レベルをしっかり理解しているでしょうか?

✔中学時代に英語はできたけど、もはや忘れた!

 ✔中学時代にもはや英語は捨てていたので、知る由もない!   ←僕はココ

 ✔中学、高校と英語は好きだったので、そこそこ自信がある!

 ✔TOEICの点数が800点以上あるけど、しゃべれない

 ✔外国人の友達が多いので、文法とかめちゃめちゃだけど、そこそこイケる

自分のレベルを分かった上で、どういった英語を目指すのかをはっきりしないといけません。

中学英語の文法や語彙力がないのに、英語をしゃべりたいと無謀にスカイプ英会話に入会したけど、お相手の先生が何を言ってるか聞き取れず、会話もできず20分ほとんど無言が続くという、、お金だけをただただ無駄にしたという話もよく聞きます。つか、僕ですが何か

英語に触れ合っていれば、しゃべれるというわけでもないです。長く継続してればしゃべれるとは思うけど無駄過ぎでしょ?

また、TOEICや英検などの点数が良いけど、英会話ができない人は本当に多いです。

もし英会話をしたいなら、中学レベルの簡単な英語を瞬発的に英作ができる練習をしなければ効率が悪いなど、目的に応じてやるべきことが違います。

「英トレ」では、あなたのレベル、あなたが手に入れたい英語スキルに対して、提案していきます。

英語教材はそれぞれ違う。ランキングサイトの1位があなたに合うとは限らない

よくある英語教材を紹介するランキングサイトがあるけど、ぶっちゃけ一番売れるのは1位で紹介している教材が1番売れる。あなたもこのことはご存知ですよね?

これは言い方を変えると、そのサイトで一番マージンがもらえる教材が1位だったりします。影響力のあるサイトはマージンフィーも高額に設定される傾向にあります。う~ん・・・僕、干されるかもなwww

「うちの教材を1位にしてくれたら、他のサイトよりも多くの報酬払います」とかね。

なので、「英トレ」ではそういうのはヤラナイ。

そういうコンセプトではないから。

冒頭でも宣言したように現時点で英語がど素人の僕が英会話ペラペラになるために立ち上げたサイトだから。←「英トレ」が推しているトコです。

それに、実際に英語マスターしたくて勉強してるスタッフに変な教材で勉強させるとマジで怒られるしね。

じゃ、そんな英語力がまったく皆無なあんたに英語教材のレビューできんのか?

という問題がとうぜんある。 ・・・はいはい。言われると思いました。

こんな英語力ゼロの僕でも、いろいろ調べて良し悪しわかってるつもりだけども、僕が選んでも説得力がない。

↑でも最低限、こういう本は網羅しつくして何か良い悪いはわかってるつもりです。

そこは、きちんとした英語エキスパートの3人に英語レベル、目的別に最適なカリキュラムを考えてもらえるよう依頼してるんです。そこは抜かりないよね。

英語カリキュラムを監修してくれる最強のマスターを紹介

よくあるサイトはなんや言うたら、TOEICの点数で800点の私が・・とか、海外業務経験がある私が・・とか言うてますけど、教材紹介してるだけですよね?

紹介している教材で勉強して、TOEIC受かってるとかならわかるけど、そもそもその人らが紹介してきた教材でTOEICの点数が良くなったわけでないことに注意ですよ。

実際に英語力を高めた方法が、その英語教材でなければ説得力ないんと違いますか????

だから、勉強カリキュラムを推奨してくれる人と、今英語を頑張って身につけたい人が必要だと僕は思うんですが、どうでしょうか?

そんな、英語カリキュラムを、あなたの英語力のレベル別、目的別に応じて作ってくれるのが、この3人です。

  

それぞれ英語のエキスパートですが、1人だと偏りが生じるので、3人がそれぞれ推奨してるものを「英トレ」推奨として紹介していきますね。

もちろん、この推奨カリキュラムで、僕やスタッフも英語力を高めていきます。

それはこちらを見てね。

 ⇒リンク

レベル別、目的別の英語教材の選び方

では、さっそく以下に紹介していきたいと思います。

「英スタ」はそれぞれ目的の英語力を手に入れるということがコンセプトです。なので、普通に一般の書籍も紹介しています。

英語を学ぼうと思っている人が、どれぐらいのレベルで何が不足しているのかをしっかり認識した上で、まずそれを補完してから次のステップへ進まないと効率が非常に悪いです。

ちなみに僕の場合だと、

 ✔中学英語知らない ←英語レベル

 ✔英語で外国人とコミュニケーションとりたい  ←英語の目的

そして僕が適当に出した結論が、

「スカイプ英会話行けばいいんじゃね?」

ってことで、毎日日本語がわからないフィリピンの先生とマンツーマンでやって、30万かかったけど、結局英会話力がほぼ伸びてないです。

これは僕に、中学文法の概念、英語の語彙力がほぼゼロという実力で、いきなり英会話という選択を選んだから、無駄なお金を使ってしまいました。

仮に、前もって中学英語の文法をさらりとしておいて、英会話に必要な優しい中学英語を瞬発的に英語に変換する練習をしてから、スカイプ英会話に臨めば、もっと英会話力は伸びたと「英スタ」のご意見番達に言われましたね・・・

なので、あなたは自分のレベルと、目的をしっかり分かった上で、選択するようにしてくださいね。

レベルと目的で選ぶ英語カリキュラムはこれだ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です